アイコン・プレビュー問題


(*一昨日一度このエントリーをアップしたのだが、いくつか問題が明らかになったので削除した。だが処理の過程を残すためにも再エントリーしておく)

 昨年暮れ、Mac ProでHDDを換装してから、奇妙な問題に悩まされていた。新規ファイル(たとえばアプリ)をダウンロードしてからFinderでアイコンプレビューしてみると、こんなふうに解像度がぼやけてしまうのだ。


 上のアイコンがぼやけた画像。正しくは下のように見えなくてはならない。リスタートまたはログアクト・再ログインで直るのだが、同じアプリのバージョンアップ版をインストールすると、またぼやけてしまう。作業には影響ないというものの、何か気味が悪い。

 フォルダの設定を記録するためにフォルダごとに生成される.DS Store。アイコンの配置などの情報を変更するたびに、その変更内容を記憶している。この更新がうまく行っていないのではないかと睨んだ。

 ネットで調べた限りは、私と同様の症例は発見できなかったのだが、アイコンの配置と同様、解像度の管理も.DS Store がやっているのではないか。と、想定して思い切って、全部削除をやってみた。

 方法は、このサイトのやりかたを参考にした。削除後、Finderをリスタートさせれば、新たに.DS Storeが更新されるはずだ。一旦はうまく行ったように見えるが、それでもいくつかのアプリでぼやけたままのアイコンが残ってしまった。そのアプリを含むフォルダについて、個別に.DS Storeを削除し、再ログインすれば直るのだが、その措置が恒久的なものかどうかは、しばらく様子を見なければならない。

 ま、この程度のことは気にしないのが一番ではあるけれども、近年のMacはアイコンが以前にくらべ格段に高精度で美しく表示されるようになった。だから余計ボケが目立つのだ。しかも、他のマシンでは全く問題は生じていないのに、一つのマシンだけで生じるというのは、なんとも落ち着きが悪いことではある。

 ということで、備忘録まで。