自民党人事

 今日あたり決まる自民党人事。国粋主義右翼・稲田朋美(行革担当)といわき市出身の森雅子(少子化・消費者)の女性2人が入閣。他の顔ぶれは相変わらずお友達ゴッコ。しかも二世、三世議員が多く、家業としての「政治家」集団ともいえる。そこに色んな利権(の復活)を感じ取る輩がいて、物欲しげな顔で師走の街を跋扈している。

 森雅子氏(いちおう敬称をつける)は、磐城女子高出身者としては初の大臣かな。私はTwitterぐらいしか見ておらず、一度、いわき市のパーティで遠くから見かけただけだけれど、押し出しの強い美人なおばさんではあった。

 自民党の東北復興政策にはたしかに寄与をしてきたと思う。ただ、もちろん基本は原発推進派。県内ではいまさら推進はないけれど、他の地域については再稼働などの政策課題について賛成するだろう。